2019年1月15日火曜日

「冬の半日文法講座」を開講しました

昨日、「冬の半日文法講座」を開講しました。(クラスの案内はこちら。)

講師は「会話中級」クラスやプライベートレッスンでも人気のカルロス・コントレーラス。2014年から「カルロスの文法特集」として不定期で開講してきましたが、昨日はこれまでで最多の6名の方にご参加いただきました。(多数のお申込みをいただいたため、定員を1名増やしての開催としました!

テーマは再帰動詞と比較表現で、3時間の集中講座でしたが、クラス終了時に参加された皆さんが「あっという間だった!」とおっしゃっていたのが印象的でした。



いただいたご感想をご紹介させていただきます。講師のカルロスも熱心な受講生の姿に喜んでいました。ぜひまた近いうちに、クラスの企画をしたいと思います。参加者の皆さん、ありがとうございました!


☆「冬の半日文法講座」アンケートでいただいた感想より☆

・再帰動詞について知識が整理されました。とても良い企画でした。ありがとうございました。

・内容としてピックアップされた部分はすごくよかった。だからこそ、時間が足りなかった! 説明と演習をセットで、さらに充実させて欲しい。

・説明が分かりやすかった。

・スペイン語で文法用語が知れるのが良かったです。

・もう少し時間が長かったらよかった。[多数]

・seの区別(無人称とか受け身とか)も勉強したかった。

・再帰動詞とgustar型の動詞の使い方の復習、とても勉強になり大満足です。

・3時間比較級でもよいくらいだった。もっと比較級を練習したかった。

・また同じようなクラスをやってほしい。[多数]


===

※カルロスの「会話中級」クラスは現在満席となっていますが、他にもさまざまなクラスを開講しています。現在開講中のイスパニカのコースは、こちらからご覧ください。